上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
土曜日、OB杯。
これは所属するバドミントン同好会での部内戦。
といっても別にOBが大集合するわけではなく、現役世代のミックスでの個人戦。
ペアは当日男女ごとトランプを引いて決定する。
OBが施設・シャトル代等をサポートしてくれることからこの名前らしい。。

一応、バド同以外の読者のために簡単な解説をね。

想像がつくと思うが、ペア次第で1日のテンションは大きく変わる。
なぜならこの同好会は男のほうが多いため、「女役」というのが存在し、
くじ運によってミックスにならないことがあるから。

今回自分にとっては最後のOB杯なわけで。
卒業学年のうちらの代は割と同期と組みたがってた。
実際に3・4ペアくらいできたのかな。

自分はそこにあまりこだわらなかったし、
今まで組んだことがほとんどなかった人、
あるいは卒業までに組めなそうな人と組みたかったから
今回1年生、しかも2学期入会の女子と組めたのはむしろ幸運だった気がする。



... 続きを読む
スポンサーサイト
2007/10/29 Mon 11:55 | Top↑
ども。
ゼミ発表と中間発表が終わり卒論そっちのけのばか蔵(管理者)です。


昨日バイト仲間がブログを始めたと言ってました。
なぜこのタイミングか不思議だったので理由を聞くと、
研究の参考にするためだと言っていた。


彼曰く
「1ヶ月間毎日ポジティブな内容の日記を書き続けると、
 最初と1ヵ月後の思考に実際に差は出るのか」
といったようなことを実験するためらしい。

ちょっとニュアンスが違うかもしれんが…。


思考と行動の関係の話を聞いて、考えてみた話。

なんとなく時間のことを考えたとき(時間軸を思い描いたとき)、無意識のうちに
過去:左、未来:右
という風にイメージしている人がほとんどではないだろうか?

あと暗いことを考えていると下を向くことが多く、
頭の中で楽しいことやうれしいことを思い描くとき、
あごを上げて顔が上のほうを向いていることが多いのではないだろうか?


視線について時間軸と感情の側面から捉えてみるとき、
おそらく多くの人が下図のような視線の位置関係になるのではないか。

思考と視線



ざっと解釈はこんな感じ↓

第一象限:未来に対する期待⇒視線が右上
第二象限:楽しかった出来事・いい思い出の回想⇒視線が左上
第三象限:辛かった出来事・触れたくない過去を回想⇒視線が左下
第四象限:未来に対する不安⇒視線が右下



実際心理学的にどうなんでしょ。
個人的にはあてはまりそうな気がするんだけどな。。


例えばあなたの大切な人が、
あなたの前で相手から見て視線が右上にいっていることが多いなら、
きっとあなたとの未来に希望を抱き、
それは現状に満足しているからだ、と推測することができるでしょう。

逆に左下を向いていることが多いなら、
あなたに対して何か隠し事ややましいことがあるのかも。。

相手が何を考えているかわからないとき、
あるいは不安なとき、
もしかしたら視線の情報が何かあたえてくれるかもしれません。。。





2007/10/25 Thu 01:50 | Top↑
発表を翌日に控えた夜はいつものごとく端末こもりんです。
普段は夜遅くまで勉強なんてできないのに、こういうときだけはできるって。
いろいろもったいないことをしてる気がします;

=============

今日は所属する同好会の全体ミーティングでした。
年に1度多くの会員が集って同好会のことについて話し合う意義のある場です。

発表前だったから行く前は正直行きたくないって思ったけど、
自分なりに同好会への姿勢を考える場になったし、行ってよかったって思った。

ただアンケートの中で個人的に一番引っかかったし、ミーティング中も結構時間が割かれたトピック。

「OB・OGが来すぎなのではないか」

あ~公の場でそれ言っちゃうんだ

自分も口には出さなかったけど1・2年の頃はなんでこんないんの?って思った。
まして自分が1年の頃なんて、自由練に行くと
OBOGどころか現役の2・3年にすらうざそうな目で見られてただけに…。

けど今回は全く感じ方が違った。
何か寂しかった。
確かにいづらいかもしれないけど、露骨に嫌な目で見る人はいない。
全然ましになってる気がするのに…。

それ以上に来年からOBとなる自分にとっては、あ~行きづらいな~と。
あと個人的には議論の中で「OBOG=強い」という前提で話が進んでたのも。
俺弱いから行ったら本当に邪魔なだけじゃんか。笑
せめて年に2・3回くらい、同期や先輩・後輩に会いに行きたいけどな。。


同好会は会員の活動の場、この大大前提を当然わかった上で
と~っても身勝手な意見だけど、
上の意見を書いたやつ、同じようなことを思ってて不快だと思ってるやつは
そんな嫌なら自由練に参加しなきゃいい。
そういう奴は月木金だけ出てればいいんじゃない?
学生は自分でいくらでもタイムアロケーションできるんだし。

ってミーティング中ずっと思ってました。







最近思うんです。
全体的に周囲に求めすぎだと。

例えば、いつも試合の番が回ってきてるのに運営の先輩に呼びに来させる奴がいる。
片付けや掃除は人任せ。試合のときは審判も応援もやらない。
そのくせそういう奴に限って不満ばかり言いやがる。

自分で何とかできることは自分で何とかするべきだし、
団体の中にいるんだからその一員として時には我慢することも必要。


あくまで個人的な考えです。
バドミントンの実力もほとんどないし、別にメジャーキャラでもないので、
この一方通行の場以外ではこんな主張をするつもりはもうありません。
まああと半年もすれば“いなくなる”身だしね。


だらだら書いてしまったけど、
何かちょっと寂しくもあり、時代は変わってしまったのかなぁと感じた1日でした。。





2007/10/23 Tue 03:54 | Top↑


ティラミスもどき


うん、まずまず。

次は人に食べさせられるレベルに、だな。


2007/10/19 Fri 02:07 | Top↑
今日は珍しく真面目な話をしようと思います。

10月15日の『世界まる見え!テレビ特捜部』から。
もう見た方もいらっしゃるかもしれません。
もしまだ見ていないという方は計19分と少し長い映像ですが、ぜひ一度ご覧ください。
興味深い内容だと思います。


前編






後編




(Youtubeより転載、2525だとひとまとまりで見れます。)


“疑惑”が本当だとは信じたくないけれど、
この映像や事件の前後に起こったことを考慮するとあながち嘘でもないと思えてしまう。

もし本当だったら人の命って何なんでしょうか。。
失われた3000人の命、そしてその人たちの家族・友人の思い。。。

普段ドキュメンタリーの類をあまり見ないんだけど、真剣に見入ってしまいました。


皆さんもぜひ何か感じて・考えてもらえたら、
背伸びして政治関連ネタを書いた甲斐があるので幸いです。





2007/10/17 Wed 09:58 | Top↑
久々に行ってみた。
4年になって月曜にあまり行けなくなった。

3年までは月曜=バドミントンをする日ってのが自然と出来上がってた。
試合をするのはもちろん楽しいけれど、
ノック練習とかも好きだったから。
だから去年まではかなり行ってた気がする。

今日は特にスキルアップの要素が強いメニューで個人的には満足な内容だった。
うまい後輩に少し教えてもらってこの年ながら新発見できた充実した練習。

あと半年しかないけれど、今以上に自分が楽しくプレーできるような
バドミントンを模索できたらいい。
少しでもいいから上手くなりたい。
いや、強くなりたい。





ん?卒論?書ければいいよ。





2007/10/16 Tue 01:21 | Top↑
今日アキバで新パソコンを買い、先ほどネットを復旧☆

部屋でパソコンを使えなくなり、
パソコンとネットのない生活に徐々に慣れてきたかなって思ったけど、
やっぱあると断然便利だね♪

vistaなのにceleronでメモリ1GBっていう相性いまいちのスペックで
セキュリティソフトインストールで一度問題発生したけど、
それ以外はそれ相応に快適に使えてる☆
パワポ入ってるのもデカい。

ネットに研究に、快適環境復活だー(*^^)v
2525の見過ぎで廃人化だけは避けないと…;


2007/10/12 Fri 02:33 | Top↑
最近雨が多くなり、朝晩も涼しくなり始め、ようやく秋を実感するようになってきた。

雨でテンションが下がるのも、
洗濯物が干せなくてもどかしいのも、
何を着ようか迷うのも、
少し冷たい空気が心地よいのも、
毎年この時期に感じることだけど、

今年は一つ違うことがある。


それは、栗。
ランチのバイト先のチーフが休憩時間に取ってきたものをもらい食べている。
今日もまたもらってしまった☆
チーフにとっては栗を食べることが目的じゃなくて、栗拾い自体が楽しみらしい。

地元にいる頃は秋になると毎年当たり前のように食べていたけれど、
こっちに来て食べなくなった。
自分としてはわざわざ店で買ってまでってものでもなかったし。

ただ久しぶりに、しかもたくさん食べる機会にありつけて
些細なことだけど幸せな気分♪




…また太ります、バドに行きたい。。。






2007/10/09 Tue 20:56 | Top↑
物の上手なれ」
意味:好きな事にはおのずと熱中できるから、上達が早いものだ。

うん、間違いない。

ただ人にはセンスというものが存在する、それもまた事実なわけで。。。
まあ当たり前のことなんだけどさ…。

自分は不幸にも「好き」と「センス」が共存しないタイプだなあと
今日会計の授業後に改めて強く感じた。。


数字を扱うことは好き、
でも処理速度は遅くてかつ不正確、またひらめきなし。


スポーツが好き、
でもバドミントンもバレーボールも、やってきたスポーツ全てぱっとしない、てか運動神経わろし。




逆に自分にセンスがあるものっていったい…。









…ねぇな、んなもん。笑




好きとセンス、両方が共存する何かを持ってる人間がすごくうらやましい。






…とは言ってみたけど、
ただまあ言い訳なんだろうなって思う。
結局ね。
自ずと熱中して努力を重ねたらクリアーできる問題もいっぱいあるんだよね。
努力の臨界点に行き着いて初めて「あぁ、やっぱ向かない」っていうならまだしもね。


激しく矛盾したな
また矛盾するけど;




うーん、なんでだろ?
好きなものに対して「よしやってやろう、時間を割こう」って普通には思うけど、
本当に心血を注いで取り組むっていうパッションが、何に対しても湧かないんだよね。
今までの人生で一度もない、まだ見つけられてない。






…違う、機会を逸し続けてるからだ。




何かそれってすごく損してるんだろうなって思う。
だからって今までの人生を否定するつもりはないし、
してもどうしようもないんだけどさ。

でも自分の人生に時々物足りなさや虚しさを感じるのは、
きっとそのせいもあると思うんです。
何かに打ち込んでる人に惹かれるのもその反動だと思うんです。




これってやっぱ自分に対する甘さなのかな?
ちなみにみんなのパッションはどこから来てるんだろ?




早く好きなことを上手に結び付けられる人間になんなんきゃね






2007/10/05 Fri 01:36 | Top↑
って授業を取ってます。
自分4年ですが、概論です。

就活時から企業研究の際に損益計算書やバランスシートを見たり、
配属が管理部門になったことをきっかけに最近になってようやく勉強をスタート。

ちなみに今学期、取ってる授業2つのうち2つとも社工の会計絡み。
もう一つの授業担当で、
前某メガバンでの仕事経験のある先生も
「ビジネスパーソンとして民法・商法、そして会計学の知識は必要。
 特に会計学は重要。」
って言ってたのも大きかった。
自分、周りに流されやすい人間ですから


話は戻ってその授業の話。
前半の今は簿記レベルの仕訳、転記なんかを中心に勉強中。
基本、のはずなのにわからないところが噴出。
というよりか覚えることが多くて難しいのほうが正しいか。
計算は四則演算レベル。
ただ項目の処理(例えば、勘定科目の貸借記入)が覚えきれない。
すんなり出てこない。
まあセンスないからね、数字もののさ。
明日テストなんだけどな、大丈夫かな(^_^;)

ただ演習中心の授業で実際に自分たちでごりごりやれるスタイルはすごくいい。
そして少し面倒くさい問題を正しく解けたときの爽快感はたまらない
文系ならわかると思うが、高校のときに難しい数学の問題が解けたときに得られた快感と同じ。
やっぱ自分は数字を扱うのが好きなのかな、と実感。
卒論もデータ使って実証研究だしね。


勉強を継続して来月の簿記3級挑戦してみようかな。
持ってて損はないしね、今日先生が授業で勧めていたし。
自分、周りに流されやすい人間ですから




2007/10/04 Thu 13:02 | Top↑
最近めっきり更新回数が減りました。
パソコンがかなりの重症の模様。
卒業旅行資金がパソコン代に消えるのか…(泣)


ここ最近いろんなことがありました。
日曜、学科の同期と飲みました。
内々定先の“失態”ネタで弄られました。
新聞もネットも見ていなかった僕には寝耳に水でした。
翌日の内定式に若干行く気が重くなった夜でした。



その翌日、内定式。

なぜか早速トーイックやらされるし。
トーイック2時間、内定式40分。
。。。


今回は技術系も混じって内定者200人オーバー。
でも事務系の知り合いを見つけ仲良くなる方に注力。

いろんな人から配属を聞いているうちに明暗がくっきり別れてて…。
自分も今回の“一件”で一気に厳しい方に行きました。
懇親会も事業部別のテーブルだったけど、
なんとなくどんよりしていたのは気のせいではなかったみたい。。
でも同じ配属の事務系同期は2人ともいい奴で、それが救いだった。

2次会までばっちり出て初の終電で帰宅。
今回会うのは2回目だけど、やっぱり同期に恵まれたと実感。
多くの仲間と半年会えないのがすごく残念。。


それと半年後に自分は社会人なんだなという思いを強くした1日でもありました。
残り半年、半年“も”あるから充実した時間を多く過ごして行きたい。



ちょっぴり気が引き締まった一日だった。





2007/10/02 Tue 19:24 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。