上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
あまりの不意打ちに俺らは誰一人反応できなかった。
それはサークル後に友達と7人でとある洋食店にご飯を食べに行った時に起こった。
店員さんがうちらがオーダーしたメニューを運び終えた後、
友人の一人が食前に頼んだホットコーヒーのカップをさげてもらおうと店員さんに声をかけた。

友達「すいません、これ(←コーヒーカップ)さげてもらってもいいですか?」
店員「かしこまりました。



ズボンの方もおさげしましょうか?


その友達はもちろんのこと、うちら全員がきょと~ん
そして爆笑というか引き笑い。。。

アドリブにしてはかなりの反応の速さに一同めちゃめちゃ感心!!
でもその瞬間は誰も反応できず。
いやいや、いい年したおばちゃんに、しかも店員に真顔でそんなネタを
言われても反応できないから
しかもうちらが学生だからふざけてやってるのかと思いきや、近くにいた大人の客にもネタ込みの対応してたし。

全員がその店員が次に何をやらかしてくれるんだろうって期待していたのだが、その後の2つのネタはだだすべり><
「やっぱ年には勝てないな^^;」と友人の一人。
みんな少しがっかり↓↓

(ちなみにその2つのネタは、

①6人分のオムライスは来たのだが、まだ1つ来てないときにおばちゃんが勝手に言い放った一言。

「残りのオムライスなんですが、明日の午前8時までにはお持ちいたしますのでそれまでお待ちください。」

②食後にコーヒーを持ってきたときに言った一言。そのコーヒーを頼んだ2人は男女一人ずつで隣同士に座っていた。

「あなたたちできているんですか?あやしいから間に失礼させていただきますね。」


まあダダすべりですよね^^;
ただ自分が実際にその場にいたと想像してみてください。
活字では表しきれない面白さがそこにはあります…たぶん。)


でも最後はちゃんとかましてくれました♪
会計をまとめ、さっきの“被害者”の友人がそれをまとめてレジに向かうと、そこには例のおばちゃんが!
友達がお金を払っている間もおばちゃんはネタを若干わかりにくい小出しにしてきて、うちらは苦笑いだったのだが、
その店員がおつりを渡そうとしている時に最後の一撃がかまされた。

「受け取るのはおつりにしますか?

それとも私のカラダにしますか?」

友人は即座に「おつりで」と即答する中、うちらは爆笑!
そしてすぐさま一人のヤツが「カラダでお願いします」と回答。
二度目の被害にあった友人は「二度と来ない」と断言。

いや~相当アホだったけど個人的にはかなりおもしろかったわww
あれはまれに見るイタい子でした。
来月その友人を連れてまた絶対に行ってやりたいと思います☆



*この話は決してフィクションではありません。本当に今夜あった正真正銘の実話です。。。
スポンサーサイト
2006/01/20 Fri 00:14 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。