上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
夏合宿が終わってから数日が経った。
未だにあの6日間の思い出が時々頭を駆け巡ってる。。。

この合宿、本当に奇跡の連続だった。

何よりまず、
「班長として臨めた奇跡」

俺が班長としてできたのは3/7の確率だったから。。
役員が「ハズレ」になってしまったらそこは俺が引くつもりだったんだよね。。


「2日目に崖っぷちからはい上がれた奇跡」

初日、うちらの班は昼も夜も最悪の出来だった。
あまりのひどさに初日にして親友と2時間近く語り合った。
2年も3年もそれぞれが危機意識を持って臨んだ次の日だった。
特に俺とnow-donは本当に「捨て身」の覚悟だった。
この日挽回できなかったら本当にうちらの班は崩壊してた><
あの夜はうちの班のターニングポイントだったと思う。


「班員全員が大当たりだった奇跡」

12人もいれば一人くらいかみ合わないヤツとか、持ち味を引き出しきれないヤツとかいてもおかしくないんだけど、
この班はみんながそれぞれ色を出してた。
誰が欠けてもきっとうちの班は成立してなかった。
11枚のスペシャルピースに囲まれて本当に楽しかったよ☆


「団体で優勝できた奇跡」

これは奇跡なんかじゃないのかもしれない。
みんなの勝ちへの思いの強さが手繰り寄せた必然なのかもしれない。
だけど俺には奇跡だった。
俺自身優勝することへの執着が全くなかったからだ。
自分が班長のときにまさか優勝旗を持って大金杯を飲めるなんて…。

正直班長を辞めたいって思うこと何度もあったけど、
この瞬間、やって本当によかった、心の底からそう思った。


「班員全員が涙を流した奇跡」

俺にとってはこれが最大の奇跡。
そして6日間の合宿で最もうれしかった瞬間。
だって夏に泣くなんて行く前には全く想像してなかったから。
笑いながら「今日はみんな飲むぞ~」で最後の班ミ終わるはずだったしさ。

みんないいこと言いすぎだよ><
俺はなべじょんと副班の言葉と涙で完全にもらっちゃって、
言葉詰まってりしてさ。。
うちらだけだと思って周り見たら、みんな泣いてんの。。
1年も2年も。
それ見て俺また泣いちゃったしさ。
けど泣きながらでもみんなでこの夏一番はっちゃけて飲んだ。
みんな酔っ払ってテンションMAXだったな。
本当に最高の夜だった!!


「あぎゅと組めた奇跡」

これはまさに奇跡。
個人戦で同じ班の、しかも運営のあぎゅとペア組めるなんて。
これ以上の幸運ないなって本気で思った。
個人戦は全般的にいい出来じゃなかったけど、
どれもすごく楽しい試合だった☆
班員と当たった試合も、運営と当たった試合も。
最後の夏に最高のペアと組めて本当によかった。
トーナメントで優勝させてあげられなかったことだけが心残り。


これだけじゃなく、いろんな楽しかった瞬間・心に残る瞬間が本当にたくさんあった。
6日間それ自体が奇跡だった。
楽しかった~♪♪



…別バージョンで書くはずがまんまでごめんなさいm(__)m

スポンサーサイト
2006/07/12 Wed 00:17 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。