上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑

また一人仲間が旅立った

去り行く後姿





朝8時、成田空港に到着。
5時起きで少し眠気の残る眼をこすりながら仲間の出発の瞬間を待つ。

空港のターミナルの中のウイング。
おっきな荷物を持って出発を待つ他の搭乗者の姿を見てたら、
なぜか自分までものすごくどきどきしてきた。
このままどっか旅立ってしまいたい、そんな気分になった。
もうすぐ去ろうとする仲間がうらやましかった

搭乗ゲートへ移動する時間が近づく。
見送りに来た仲間みんなで一緒に写真を撮って、
同好会の仲間が書いた色紙が渡され、
荷物検査のゲートの前でアーチを作ってくぐらせた。
彼女は笑顔で手を振ってゲートの奥へと消えていった。。
新たな世界に足を踏み入れようとする後ろ姿がとっても誇らしく見えた。

彼女の乗る飛行機のテイクオフを見届けるために展望ロビーへ出た。
時刻変更でなかなか動き出さない飛行機を見つつちょっとしたことを考えていた。


旅立つ者と見送る者、すなわち去る者と去られる者。
気持ちはきっと全く違う。
去る者は不安を抱きつつも新たな世界に希望を馳せる。
去られる者はそんな相手を応援しようと思うとともに、
そのぽっかりと抜けてしまった存在に寂しさを感じる。


昨日までにもう2人の仲間が海外へと旅立っていった。
今日こうして1人が去り、9月までにまた2人が別の世界を目指す。
夏休みが終わったら今まで自分が一緒に頑張ってきた仲間・いろんな影響を与えてくれた仲間が5人もいなくなってる。
そんな光景全く想像できない。


だけど今日こうして一度でも仲間が旅立っていく瞬間に立ち会えて本当によかった。
負けてらんないな!
数ヵ月後間違いなくおっきくなって帰って来るみんなに。


彼女の乗った飛行機が空の彼方へ消えていった。
めぐってたいろんな思いをしっかりしまって、仲間とともに空港を後にした。

スポンサーサイト
2006/08/04 Fri 01:24 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。