上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
3年、感覚的には短く感じられる年月。でもそんな短い期間であっても様々な物事が変化していく。

重苦しい導入を書いちゃったけど、こっからはなんてことのない話。自分は自動車学校への通学に連絡車を利用しているのだが、その途中に市の体育館がある。その体育館は自分が高校時代、部活の練習でよく使っていた思い出のある体育館。この流れだと体育館の話だと思うかもしれないが、そうではない。まわりっくどい文章ですいません。ここらへんが自分の文章の悪い癖だわ。

話を戻しますね。昨日今日といつものようにその体育館の横を通る。すると前から自転車に乗った人たちが体育館へと入っていく。肩にかかったラケットケース。予想通り母校のバド部の後輩でした。もう3~4つも下の代だから全く知らないんだけど、何か懐かしい気持ちになった。

けど気づいちゃいました。何か雰囲気が違うと。まずラケットバッグを持ってるヤツが誰もいない。みんなラケットケースを肩にかけ、シューズとウェアを別に持ってる。うちらのときはほとんどみんなラケバだったのに。やっぱ現代っ子はスタイリッシュさを求めるのかな、軽くジェネレーションギャップでした。
それくらいならまだしも、さらにびびったのは、
な、な、なんと茶髪がいること。
激しいカルチャーショック!!自分たちの時には禁止されてたのに何で??運動部だから黒髪じゃなきゃいけないってのは確かに根拠のない理屈だとは思うし、今の時代しょうがないのかなって思うけど、実際見ると残念だった(>_<;)それに練習時間もうちらの時代より短くなってた。

うちらの代のときの顧問はバドに熱かった。高校時代は何度となく怒られたけど、今自分がバドを好きでいられるのは間違いなくその先生のおかげ。だが2年前、自分がちょうど大学に進学した年、うちらの代の顧問が転勤になり新しい先生に代わった。顧問が変わってしまったし、後輩も全く知らない代になったので、ここ2年母校の練習には顔を出していなかった。「そんなにやる気がある顧問ではない」後輩とかからそう聞いてはいたけど、昨日今日見た光景は母校のバド部の“衰退”を感じさせるものだった。今年こそ顔を出したい、そう思ってたけど何か妙に残念で少し行く気が失せた。

体育館を通り過ぎるとき、バスの中にいたのは3年という年月の経過を実感し、帰る場所を失ったような寂しさを感じた自分だった。
スポンサーサイト
2005/07/31 Sun 20:31 | Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kz251newhitorigoto.blog15.fc2.com/tb.php/25-235ac63a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。