上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
ちわ。

今実家に帰って来ています。

昔からの同級生はほとんどが社会に出ているため、
お盆は集中的に友人に会いました。

居酒屋にはクラスは違えど知っている人がたくさんいて
(ここしか飲むところがないのか。。)、
思わぬところでいろんな交流もでき、楽しかったここ何日かでした。

残りの帰省期間は少し「課題」達成に時間を費やすことになりそう。




自分が生まれた場所で将来の自分との対話。






来週提出の配属希望。
実家でじっくり悩むために荷物と一緒に資料を入れてきた。


ただ、あくまで希望は希望。
もうきっと人事の中ではある程度決めているのだろう…。
つまり自分が行きたい事業部にいけるかどうかは、
彼らが自分に見出した適性に因るわけだ。。


・開き直って(叶う可能性の低い)純粋な希望を書くのか…。

・それとも…


きっとこの希望調査はその人本人のビジョン、
それに加えて会社に対するビジョンを見たいのだと思う。
今よりもきっと今後のキャリアに響くもの。



だからこそ自分との対話をする必要がある。

「自分は何のために働くのか」と。

アブラハム・マズロー。

就活中も頭の中を駆けずり回っていた話。


そして「何のために働くのか」は「どこで働くか」に関わってくる。



自分の思い描く将来像がはっきりと固まっていない今、
自分の将来を大きく揺るがしかねない決断をしなくてはならない。。



う~~ん、悩ましい(>_<)



スポンサーサイト
2007/08/16 Thu 23:50 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。