上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑
もう12月、早い早い;
2007年ももうすぐ終わるし、卒論締め切りまでも時間がない。
学生としての時間も残りわずか。
はぁ。。

こっからは少し真面目な話。
そんなことはさておき、今日は何の日か皆さん知ってますか?
今日12月1日は「世界エイズデー」です。

タイトル見て“軍”を想像した人、どんまいです。

具体的には、
WHOが、世界規模でのエイズまん延防止、
および患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的とし、
毎年12月1日を「世界エイズデー」として、
エイズに対する知識の普及を呼びかけています。(文科省参照)



以下、追記でさらに書いていきます。



自分も大学に入って途上国の問題を扱うようになってからエイズデーの存在を知りました。
途上国、特にサハラ以南アフリカでは患者数が爆発的に増加しており、
深刻な社会問題となっています。
世界ではおおよそ4000万人の人がHIVに感染しており、
1年あたり300万人の人がAIDSによって亡くなっています(2005年)。

ですが、いまやHIV/AIDSの問題は途上国だけの問題ではありません。
特に日本では、すでに対策に取り組み患者が減少傾向にある欧米と違い、
年々患者数が増加しています。
1日に約4人の日本人がHIVに感染している、それが現状だそうです。


HIVは感染からAIDSの発症まで約10年の潜伏期間があり、
その間我々の免疫力を低下させます。
また潜伏期間中は自覚症状がなくても体内でウイルスが増殖し、
他の人に知らずに移してしまう危険性も孕んでいます。
それに加え、発症した場合の有効な治療法も現在発見されていない状況です。


HIV/AIDSについてもっと多くの人に知ってもらうため、
日本でも“AIDS チャリティーProject”が行われ、今日はそのLIVEもあるそうです。

その中で「生まれ来る子供たちのために」という
オフコースのリメイクバージョンのCDが今週リリースされました。
ぜひ一度耳を傾けて(映像を見て)ほしいです。

AIDS チャリティ Project
RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~
(youtubeより転載)



このCDの純利益はすべて日本エイズストップ基金に寄付されるそうです。
一枚あたりの純利益がいったいどれだけなのかはわかりませんが…。

個人的には名曲だと思います。
ただ小田さんバージョンやBank Bandバージョンのほうがさらにいいかもしれません。。
いかんせん前半部分のラップが…(後半は◎なのに)

我々と無縁とはいえないHIV/AIDSをめぐる現状や
このようなプロジェクトが行われていることを知ってもらえたらと思い、
若干でしゃばって書いてみました。

ヤホー!でもレッドリボンキャンペーンのページがあるので
この機会にそっちもぜひ見てみてください!
リンクは こちら から。


ここまで読んでくれた人、ありがとうございました。
少しでも何か感じたり考えたりしてくれる人がいたら幸いです。


スポンサーサイト
2007/12/01 Sat 02:27 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。