上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:-- | Top↑

今日は久々に長時間テレビを見た


“軽いホームレス”の昔の姿に今の自分を微妙にシンクロさせ、
告白にさりげに勇気をもらった。
自分を変えようとする気持ち・人に自信を与えようとする姿勢。
頭でわかっててもそれを実際に成功させるのって難しい。
それができる人間はやっぱ素敵だ

困難に見舞われながらもその中で懸命に生きた女性の姿と言葉に今日も涙した
3ヶ月間言葉の持つ力に感動させられた。
人のこころに優しさとかあったかさとかを与えられる、
少しでもそんな言葉を発することができる人間になりたいって思った。
それと同時に「生きる」ってことについて考えた。
以前なら当たり前のように感じていた、五体満足で生きられることの尊さをしみじみと感じた。
自分の周囲の人のために・そして自分自身の生のために自分にはなにができるのだろうか。
そのためにまず自分を大切にしたいしそうする責務があるんじゃないか。
このタイミングでこのドラマに出会えたおかげでいろいろ考えることができた。
今まであえて読まずにいた原作を読んでもう一度じっくり考えてみたいね。



虚構に影響され感化されるなんてちょっとアホなんかもしんない。
でもどんな些細なことでさえも自分の肥やしにできるならそれって幸せなことだって思うんだ。
いっぱい栄養を吸収していつかおっきな花が咲けばいい。
どんだけ時間がかかっても、ちゃんと地に根を張って光に身をかざしていれば決して枯れたりなんかしないはずだから。
中心を貫く幹がぐらついて倒れないように力いっぱい踏ん張りながら、
いろんなとこに枝葉を伸ばしてカラダをめいっぱい広げていたい。
そんな一輪の花を咲かそうじゃないか。


…久々にこんなテイストで書いてみた。
らしくねーな。
むしろ相当キモいな。笑




テレビを消した今、最後にこれだけ言っておこうか。
「S本彩万歳!!」

スポンサーサイト
2005/12/21 Wed 01:02 | Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。